吃音を克服するための方法とは?

吃音の症状は克服できるのか?

心理面での緊張やうまく言葉を発することができないもどかしさやのために引き起こされるもので、落ち着きなく目をこすったり手足を動かしたりする動きとなって現れます。吃音には、随伴運動以外にも、同時にいろいろな症状が現れます。一部または全身の筋肉が緊張する、自分が失敗したことによって他の人からの反応を怖がる、乱れた呼吸になる、非常にストレスを感じることなどがあります。

 

吃音の症状がさらに悪くなると、対人恐怖症・社会恐怖症、ひきこもり、うつ状態などにつながってしまうことがあります。5つの症状の進行段階があるそうですが、会話や人付き合いを避けるようになる最終段階に至る前に、心理面での症状のみでも治しておくことがいいでしょう。

 

本サイトのトップページでは、吃音症を改善する方法として、中村しょうという人物が監修した吃音改善法マニュアルを紹介しています。もしも、あなたが吃音の症状で悩んでいるのなら、試してみる価値はあるのではないでしょうか。きっと、役に立つと信じています。中村しょうも吃音で悩んでいた過去があり、吃音症患者の気持ちがよくわかるようです。そのため、完成度の高い吃音克服マニュアルとなっているのです。